• タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社
  • タイタンテクノロジーズ株式会社

粉粒体評価

Japanese (JP)
You are here:   Home粉粒体ゼータ電位測定 - PALS法ゼータ電位+粒子径測定 NanoBrook

ゼータ電位+粒子径測定 NanoBrook

印刷 PDF

NanoBrook Omni / ZetaPALS


全く新たな測定原理

PALS法 と DLS 粒子径測定

ZetaPALSゼータ電位測定に、動的光散乱(DLS)測定機能!

PALS (Phase Analysis Light Scattering) - 位相解析光散乱法では正弦波印加電場中の粒子による散乱光位相差を検出し、ゼータ電位を測定します。

従来法では困難であった低誘電率溶媒(有機溶媒)から高塩濃度溶媒まで測定が可能です。

高感度測定により等電点付近の低いゼータ電位も高精度測定します。

さらに電極をセルに直接挿入することでセル表面の電気浸透効果を除去し、ディスポセルの採用を可能とし、セルキャリブレーションを不要としました。

pHタイトレーション機能(オプション)

粒子径測定機能(オプション)

 

測定原理の特長

僅かな誘電現象の検出、測定が可能

有機溶媒に代表される低誘電率液体中の微粒子

高塩基溶液の微粒子

高粘度溶液の微粒子

熱対流の影響を受けないで測定可能

電極印加電圧を高くできる

 

優れたソフトウェアの操作性

自動モードにより、測定時に最適条件を自動で判断

Smoluchowski, Huckel 両方の式を溶媒の誘電率から自動選択

誘電率が高く、粒子径が電気2重層の厚みに対して大きい微粒子ではSmoluchowskiの式。誘電率が低く、粒子径が電気2重層の厚みに対して小さな微粒子ではHuckelの式。

測定セルに電極を直接挿入

測定セルの外側から電場をかける方式と異なり、セル接液部での帯電による影響を受けずに測定可能

Windowsソフトによるわかりやすい操作

 

粒子径測定オプション

 

NanoBrook ZetaPALSのオプション機能は、ダイナミック光散乱(DLS)で粒径を測定したものです。ブルックヘブンインスツルメンツ社製Nanobrook 90Plusで使用される確立された技術に基づいて、微粒子の大きさと粒度分布情報は数分で得られる。

粒径測定とゼータ電位の測定は、同一のサンプルセルで実行できます。また粒度測定のための2つの散乱角、15°または90°の選択があります。

 

同一のユニークなセルデザイン

 

ブルックヘブン社製のZataPlusを標準装置として、設計されたユニークなデザインのセルはZetaPALSでも同じくまた使われます。その標準ZetaPALSセルはPd電極を持つPEEKで作られています。水または他の単純な、非アグレッシブ液体と一緒に使用する時には、ZetaPlusで使われるPd電極の同じタイプの安価で、使い捨て出来るプラスチックセルに置き換えることができます。精密なペルチェ温度制御は、-5℃から110℃の測定が可能。

 

Specifications

 

Zeta Potential Size range for measurement 1 nm to 100 µ

Mobility range 10-11 to 10-7 m2/V*s

Zeta potential range -220 mV to 220 mV (*)

Maximum sample concentration 10% v/v (*)

Sample volume 180 µL, 600 µL, 1250 µL

Maximum sample conductivity 30 S/m

Signal processing Phase Analysis Light Scattering, PALS

Particle Size Size range (radius) 3 microns (*)

Sample volume 10 µL, 40 µL, 1 - 3 mL

Concentration range 0.1 mg/mL to 10% v/v (*)

Molecular Weight Molecular weight range (estimated from hydrodynamic diameter) 1 KDa to 25 MDa

Molecular weight range (calculated using Debye plot) requires BI-APD 1 KDa to 25 MDa

Minimum sample volume 10 µL

General Temperature control range -5 °C to 110 °C, ± 0.2 °C

Measurement angles Three angles, two for particle sizing one for zeta potential

Condensation control Purge facility using dry air, nitrogen preferred

Standard laser 35 mW red diode laser, nom 660 nm

Correlator TurboCorr, 25 ns min, 100% real-time, 100% eff.

System Compliance CE certification Class I laser product, EN 60825-1:2001, CDRH

System Dimensions 23.3 cm x 42.7 cm x 48.1 cm (HWD)

Weight 15 kg

Power 100/115/220/240 VAC, 50/60 Hz, 150 W max

Notes: (*) Sample type dependant.

A policy of continual improvement may lead to specification changes.

 

Typical Applications

Liposomes and biocolloids

Ceramics and refractories

Pigments and inks

Pharmaceuticals

Emulsions (foodstuffs, cosmetics)

Wastewater treatment monitoring

Carbon blacks

Latexes

 


機能の概要

非常に低い移動度の測定については、Brookhaven ZetaPALSが答えです。唯一の答え! Bristol UniversityとBrookhaven Instrumentsで開発されたコンセプトにより、ZetaPALSはPhase Analysis Light Scatteringを使用してゼータ電位を決定します。シフトされた周波数スペクトルに基づいて従来の光散乱法に比べて最大1,000倍の感度が向上します。

 

コロイド粒子の静電反発は、しばしば分散液の安定性を理解する上で重要です。電気泳動の移動度を「非極性液体でも」簡単で簡単に測定すると、貴重な情報が得られます。 Brookhaven ZetaPlusを使用すると、水やその他の極性液体での測定が簡単かつ迅速に行えます。そのような測定は、典型的には±6〜100mVの範囲をカバーし、±0.5〜8×10 -8 m 2 / V・sの移動度に対応する。 ZetaPALSはこのフルレンジをカバーしており、1000倍の感度で拡張しています!

 

操作の原則

ZetaPALSは、相分析光散乱を利用して、帯電したコロイド懸濁液の電気泳動移動度を測定する。レーザドップラ速度計(LDV)(レーザドップラー電気泳動(LDE)とも呼ばれる)とは異なり、PALS技術では熱場の問題を引き起こす可能性のある大きな電界を印加する必要はありません。位相シフトの測定において、粒子は、良好な結果を得るために、自身の直径の一部分を移動するだけでよい。 3モル濃度までの塩濃度で、電界が1または2V / cmと小さいので、十分な移動が誘発され、優れた結果が得られます。さらに、オートトラッキング機能は熱ドリフトを補償します。

 

 

Simple clear presentation

上記の画面イメージは、ZetaPALS装置を使用した実際の実験の結果を示しています。 重要なパラメータと結果が一目でわかります。 この実験における5回の実行の優れた一致は、実験曲線(赤色)とパラメータ化されたバージョン(黒色)の一致と同様に明らかです。 すべてのBrookhaven機器と同様に、ユーザーは付属のカラープリンタを使用してカスタマイズされたレポートを作成することができます。

Something more challenging

もちろん、ZetaPALSはすべての「通常の」サンプルから迅速かつ簡単に結果を得ることができますが、その本当の強さは難しいケースであり、このプレミアム機器の性能を実証するために、

Aggressive solvents

DMF、THF、DMSO、MEKなどは、特殊耐溶剤電極とガラスサンプルセルを使用してBrookhaven ZetaPALSシステムに簡単に収容できます。 このようなシステムの領域へのゼータ電位測定の拡張は、Brookhaven ZetaPALSのもう一つの顕著な特性です。

Unusual solvent?

あなたの溶媒が珍しいならば、誘電率はおそらく不明です。 この場合、BI-870誘電定数メーターは、ゼータ電位測定に必要な情報を素早く簡単かつ正確に提供します。

Additional Capabilities

もちろん、すべてのZetaPALSシステムには完全なZetaPlusシステムも含まれており、マルチモーダルゼータ電位分布が存在する場合は、それを特徴付ける特別な能力があります。

ZetaPALS機器は、当社の90Plusパーティクルサイザーの全機能を使用することもできます。このコンビネーション機器は、大きなパワーのベンチトップ粒子特性評価センターを提供します。


 

 

 

 

タイタンテクノロジーズ株式会社

〒116-0003 東京都荒川区南千住8丁目5番7号 白鬚西R&Dセンター